白衣だけ?と思ったら大間違い!

事務服・作業服・飲食店・イベント用品・

YOSAKOI衣裳まで

ユニフォーム専門店の札幌白衣に

おまかせ下さい!

本文へジャンプ




株式会社札幌白衣

〒062-0003

北海道札幌市豊平区

美園3条4丁目

(国道36号線沿い)

TEL:011-815-6111

FAX:011-815-6801

info@s-hakui.co.jp




 
 
 
 
 
 


 





※4Fに移動しました


 

外から見えるディスプレイがちょっと印象的な札幌白衣のショールーム。此処で、具体的なユニフォームを見ながらイメージをふくらませたり、イメージに近いものを探したりする。また、企画のデザイナーとの打ち合わせもする。お客様が色々なユニフォームを見て自由に、気楽におしゃべり感覚でユニフォームについて話し合える、もう一つのプレゼンテーションルームです。



 


 

2階には出荷を待つ製品と、靴やブラウス等の小物類のストックを保管しています。これらの商品はデリバリ-進行状況を迅速に処理するためメーカーとオンラインで繋がったコンピュータ管理されており、お客様のオーダーが入ると速やかに保管場所、在庫状況が分かるシステムになっております。お客様のオーダーにどこよりも早く対応するためのフロア。従来のストックルームの概念を超えたコンピュータシステムに対応する、有機的、機能的なレイアウトフロアです。



 


 

3階では先ず、プレゼンテーションルームで最新のコンピュータを使いオリジナルユニフォームのデザインを決め、次にCADを使い型を作り、プロ用の縫製機を使って迅速に製品を仕立てていきます。つまり、このフロアは企画・立案・製造を一連の流れで行うところ。もっとも札幌白衣らしいノウハウがあふれている空間です。



 


 

オフィスでは各部署にコンピュータを配置し、正確でまた、迅速な仕事をより確実な物としています。また、此処にもコンピュータで合成してデザインイメージを起こすシステムを導入していますので、お客様の声を聞いた営業マンが、ホットな情報をそのままかたちにすることができます。お客様と触れ合い、ニーズを現実していくコントロールセンターです。



 


 

小会議室、大会議室、食堂、和室などがあるスペースです。食堂と大会議室は近所に解放していますので日本舞踊やジャズダンスの会場として使われています。和室は女子社員がお茶、お花とヤマトナデシコの心を勉強していただく場所。また、食堂横のルーフバルコニーも出入り自由。晴れた日はピクニック感覚のランチタイムで盛り上がっています。社員に、近所の人に、ゆとりある、人間らしい「アソビ」を感じていただくヒューマンホールです。